投稿者のアーカイブ

金融情勢との関係を理解

2014/07/15

ファンドを選ぶときには金融情勢を把握しておくとともに、その関係を把握しておく必要はあります。ここ最近でもっとも注視するべきことは金融政策です。各国の金融政策を把握しておかなければなりませんが、基本的には日銀、FRB、ECBの政策については把握しておくべきでしょう。
金利が低下すると、資金調達コストが下がりますから、株価や不動産価格は上昇します。それとともに、株価の上昇によってコモディティの価格も上昇する傾向があります。工業需要が高まると考えられるからです。スイーツ01
金利が低下する事によって為替レートが下落する傾向があります。アベノミクス相場で大量の金融緩和が行われたことによって円安になりましたが、これは金利の低下によるものだと言えるでしょう。最近になってドル高傾向になっているのは、FRBがテーパリングを開始したことで金利が上昇すると予想されるからです。
現在の動向は、短期的には円安ドル高が進むと考えられます。アメリカの景気が悪化すれば再び金融緩和が行われる可能性がありますから、その場合には円安になると考えられるのですが、今のところは可能性は低いと考えられます。利上げが行われたことによって、公社債への投資も魅力的なものとなるでしょう。

運用方針が似ているファンドと運用実績を比較

2014/07/15

投資信託を購入する際、似た内容のファンドがいくつかあると迷ってしまいます。
運用している会社で比較しようにも、どんな会社かよくわかりません。
このような場合、運用方針の似ている会社同士で運用実績を比べてみると、選択の決め手になることが多いです。

投資信託は、運用するマネージャーの腕一つで成績が決まります。
実際には、複数人で構成されている運用チームを作って運用しているのですが、大まかな方針はマネージャーの判断で決まるのです。

投資方針が似ている投資信託であれば、投資対象も似ていますから比較することでマネージャーの腕を見ることができます。
これは数字で表れますから、比べることは簡単です。さくらんぼ
もっとも、あまりに評価が悪いマネージャーはクビになりますから、新しいマネージャーに変わって成績がアップするということもあり得ます。
そのため、必ずしも将来の予測という面では、比べる対象にはならないかもしれません。

もっとも、各ファンド会社によって投資方針は変わることはなく、マネージャーが変わっても成績が変わることは多くありません。
そのため、実際の運用実績を比べてみてから投資信託を決めるという方法は悪い方法ではありません。

ファンドの運用実績を調べたり、ベンチマークと比較する

2014/07/15

一般的なファンドの運用実績を評価するときには、ベンチマークと比較することが多いです。例えば、日本株の場合には、日本の投資家はTOPIXを基準にすることが多く、海外の投資家はMSCI Japanを基準にすることが多いです。TOPIXを基準とした場合、TOPIXのパフォーマンスをどれだけ上回るのかが問題となります。例えば、20%の利益を確保したとしても、そのときのTOPIXが30%上昇していれば、むしろ運用には失敗していると考えるべきでしょう。このようにしてベンチマークは用いられます。キノコ
国や資産クラスごとに用いられるものは異なっていて、例えば海外株式に投資をする場合には基準としてMSCI-kokusaiが用いられる場合が多いです。国を問わずに全世界に投資をするときにはMSCI-ACWIが用いられる事が多いと言えるでしょう。アメリカの株式の場合にはS&P500が用いられる事が多いというように、それぞれによって基準となるものが異なります。ただ、どの指標を基準に使わなければならないという決まりはありませんが、その国を代表するインデックスの中で、時価総額加重平均型で算出されたものが用いられる傾向が強いです。

自分の投資方針を決める

2014/07/15

投資信託の選び方では、先ず投資方針を明確に決めることが大切です。投資信託には様々な種類があり選択の幅が広いことが特色ですが、収益が高いものにはリスクもあるため慎重に選ぶ必要があります。安定性を求めるときはこの方針に適した商品が豊富にあるため、目的に合う投資信託を買うことが可能です。
投資信託にはリスクもありますが、運用のプロが顧客の資産を預かり様々な運用先に投資をして購入者は個別の株等の動向に左右されることがなくじっくりと落ち着いて資産運用ができるのが特色です。また収益性が高くより積極的な運用を望んでいるときはこれに適した商品が多数揃っており、今はネット証券等からも簡単に購入をすることができ小額投資をすることも可能です。いちご
投資信託は個別の銘柄に投資をするより変動幅が大きくないため、長期的な運用を望む一般投資家の方々にも適している金融商品です。
初めて選ぶときは数万円程度からでも購入することができ、資産運用の経験をすることができます。長期的に運用をする際は、自己資産の一部をこの投資信託等に振り分けるのもよい選択です。ときには損失が発生するケースもありますが、余裕のある資金で試してみるのが適切です。

投資信託の選び方について

2014/07/15

投資信託選びのポイントは、まずなんと言っても運用成績でしょう。他のものに比べて成績が優れているものを選ぶというのは、基本的な選び方です。この場合には期間を正しく設定することは必要です。短期間であれば偶然があるでしょう。ですから、できることなら最低でも3年から5年のパフォーマンスで比較することは必要となってきます。
次にコストを比較することも必要です。コストとしては、買付手数料、信託報酬、信託財産留保などがあります。最近では買付手数料や信託財産留保が無料のものが増えてきていますが、信託報酬が無料のものはありません。インデックスファンドは安い傾向はあります。アーモンド
資産運用の効率を考えるのであれば、成績とコストの二つが基本となります。まずこの二つを基本として選んでいくのが良いでしょう。
利用の目的によっては、分配金を受け取るほうが良い場合と、受け取らないほうが良い場合とがあります。例えば生活費を補うために用いようと思っているのであれば、毎月分配型が良いでしょう。何十年後かに訪れる老後の資金を確保することが目的なのであれば、再投資をした方が良いと考えられます。目的によって分配金について選ぶ事は必要です。

「分散投資」が可能に!

2014/07/15

分散投資ができることは、投資信託のメリットの一つです。これによってリスク低減を図り、収益を安定させることができると考えられます。分散によってどのような効果があるのかというと、もっとも大きな要因は個別の影響を小さくできる事です。
分散をしなかった場合について考えてみれば分かりやすいでしょう。一つの銘柄に集中して投資をした場合、例えば全財産を投資した場合を考えてみると、もしもその会社が倒産した場合には、投資した資金のすべてを失うことになるでしょう。もしも二つの銘柄に分散をしていた場合、一つが倒産しても影響は50%です。10個に分散していれば影響は10%となります。このようにして、多くの銘柄に分散をすることによって、影響を小さくする事ができます。倒産しなかったとしても、何らかの理由で株価が大きく下落したときにも影響を小さくする事ができるでしょう。猫12
ですから、多くの銘柄に分散して投資をすれば良いのですが、例えば100個に分散しようと思えば、大きな金額がかかります。10万円で1銘柄を買うことができたとしても、100倍なら1,000万円となります。投資信託なら、数千円から数万円くらいで分散をできますから、資金の少ない人にとってのメリットは大きいのです。

大きい金額の運用が可能

2014/07/15

個人で資産運用していくのなら、コツコツ早い段階から開始していく方法を選択したり、またまとまった金額を運用していく方がいいこともあります。
純金投資では、下がった時に「買い」となります。
しかし、売買スプレッドがあると購入した金額よりも売るときには安い金額になってしまい上がるまで待つしかないのです。
でも、大きい金額を動かすことができたのなら平均取得金額よりも上に上がったときに出る利益は大きくなります。
1グラムの純金よりは、100グラムや1,000グラムで取引をすればほんの50円や100円上がった時の違いがはっきりとわかりますから、長期投資商品であっても短期で何度も取引をすることが可能になっていくのです。猫11
そして、ネットで簡単に購入することができるから金融窓口を利用することなく、自分のスタイルで買うタイミングを見極めることもしていけるのです。
ネットならば購入する手数料も安く設定されているところが多くありますから、自分が投資をしたいと考えているのならどこの証券会社を利用するか調べてみることです。
持っている資産を大きく動かす力があるときに取引をして利益を確定させておけば、資産は増え続ける方向へと向かっていくのです。

専門家に運用を任せられる

2014/07/15

投資信託を利用するメリットの一つが、運用を専門家が行ってくれることです。金融商品は充実してきていますから、個人投資家であってもいろいろなものに投資をすることができます。例えば、米国株式を中心にポートフォリオを組み、そして新興国債券を組み合わせるというようなストラテジーを考える事もできるでしょう。あるいは為替ヘッジのためにFXを組み合わせることもできます。いろいろな使い方ができます。
しかし、投資をすることができたとしても、銘柄の選択などについてはプロに任せたほうが良いに決まっています。プロでも負けるときはあるでしょうが、やはり知ろうとが運用をするよりも優れています。投資信託を利用すれば、プロに任せることができるというメリットがあるのです。猫10何を選んで良いか分からない人にとってもメリットは大きいと言えるでしょう。プロに対しては報酬を支払うことは必要ですが、その割合はあまり大きくはありません。
投資を副業で行うのであれば、本業を大切にするべきでしょう。本業を大切にするためには、細かい部分についてはプロに任せてしまったほうが良いです。投資に時間をかける事ができない人にとっては、投資信託は非常に便利なツールだと考えられるのです。

投資信託の概要

2014/06/26

投資信託というのは、投資家から集めたお金を一つの大きなお金にして株式や債券などに投資運用する商品のことをいいます。そして運用成績に応じて投資家に利益を分配していく金融商品のことをいいます。大きな特徴は投資家は投資したいファンドを選ぶだけで、個人で運用することは出来ないという点です。ですから運用実績の高いファンドを選ぶことが、ものすごく重要です。猫09しかし運用に関しては必ず利益が出るとは限りません。運用期間が終わって資金を減らすという可能性もあります。ですから運用の前の注意点として元本割れのリスクについて説明していますから、理解をしたうえで運用していくことが大事になってきます。これが概要ですが、大事なのはどのファンドに投資をしていくかということです。株は大きく儲けを出せる可能性が高いですが悪いニュースがあった場合に大きく下げる可能性も非常に高くなります。ここには債権など株と反する動きをするものを組み込んであるのならば、下落しても大損するリスクがかなり減ります。大きく儲ける可能性の高いファンドを選ぶか、儲けは少ないがリスクの小さいファンドを選んでいくか最初が肝心です。資金の大きいファンドは、それだけ投資家が集まっているので安心感があります。