「分散投資」が可能に!

分散投資ができることは、投資信託のメリットの一つです。これによってリスク低減を図り、収益を安定させることができると考えられます。分散によってどのような効果があるのかというと、もっとも大きな要因は個別の影響を小さくできる事です。
分散をしなかった場合について考えてみれば分かりやすいでしょう。一つの銘柄に集中して投資をした場合、例えば全財産を投資した場合を考えてみると、もしもその会社が倒産した場合には、投資した資金のすべてを失うことになるでしょう。もしも二つの銘柄に分散をしていた場合、一つが倒産しても影響は50%です。10個に分散していれば影響は10%となります。このようにして、多くの銘柄に分散をすることによって、影響を小さくする事ができます。倒産しなかったとしても、何らかの理由で株価が大きく下落したときにも影響を小さくする事ができるでしょう。猫12
ですから、多くの銘柄に分散して投資をすれば良いのですが、例えば100個に分散しようと思えば、大きな金額がかかります。10万円で1銘柄を買うことができたとしても、100倍なら1,000万円となります。投資信託なら、数千円から数万円くらいで分散をできますから、資金の少ない人にとってのメリットは大きいのです。

コメントは受け付けていません。