投資信託の概要

投資信託というのは、投資家から集めたお金を一つの大きなお金にして株式や債券などに投資運用する商品のことをいいます。そして運用成績に応じて投資家に利益を分配していく金融商品のことをいいます。大きな特徴は投資家は投資したいファンドを選ぶだけで、個人で運用することは出来ないという点です。ですから運用実績の高いファンドを選ぶことが、ものすごく重要です。猫09しかし運用に関しては必ず利益が出るとは限りません。運用期間が終わって資金を減らすという可能性もあります。ですから運用の前の注意点として元本割れのリスクについて説明していますから、理解をしたうえで運用していくことが大事になってきます。これが概要ですが、大事なのはどのファンドに投資をしていくかということです。株は大きく儲けを出せる可能性が高いですが悪いニュースがあった場合に大きく下げる可能性も非常に高くなります。ここには債権など株と反する動きをするものを組み込んであるのならば、下落しても大損するリスクがかなり減ります。大きく儲ける可能性の高いファンドを選ぶか、儲けは少ないがリスクの小さいファンドを選んでいくか最初が肝心です。資金の大きいファンドは、それだけ投資家が集まっているので安心感があります。

コメントは受け付けていません。