運用方針が似ているファンドと運用実績を比較

投資信託を購入する際、似た内容のファンドがいくつかあると迷ってしまいます。
運用している会社で比較しようにも、どんな会社かよくわかりません。
このような場合、運用方針の似ている会社同士で運用実績を比べてみると、選択の決め手になることが多いです。

投資信託は、運用するマネージャーの腕一つで成績が決まります。
実際には、複数人で構成されている運用チームを作って運用しているのですが、大まかな方針はマネージャーの判断で決まるのです。

投資方針が似ている投資信託であれば、投資対象も似ていますから比較することでマネージャーの腕を見ることができます。
これは数字で表れますから、比べることは簡単です。さくらんぼ
もっとも、あまりに評価が悪いマネージャーはクビになりますから、新しいマネージャーに変わって成績がアップするということもあり得ます。
そのため、必ずしも将来の予測という面では、比べる対象にはならないかもしれません。

もっとも、各ファンド会社によって投資方針は変わることはなく、マネージャーが変わっても成績が変わることは多くありません。
そのため、実際の運用実績を比べてみてから投資信託を決めるという方法は悪い方法ではありません。

コメントは受け付けていません。