金融情勢との関係を理解

ファンドを選ぶときには金融情勢を把握しておくとともに、その関係を把握しておく必要はあります。ここ最近でもっとも注視するべきことは金融政策です。各国の金融政策を把握しておかなければなりませんが、基本的には日銀、FRB、ECBの政策については把握しておくべきでしょう。
金利が低下すると、資金調達コストが下がりますから、株価や不動産価格は上昇します。それとともに、株価の上昇によってコモディティの価格も上昇する傾向があります。工業需要が高まると考えられるからです。スイーツ01
金利が低下する事によって為替レートが下落する傾向があります。アベノミクス相場で大量の金融緩和が行われたことによって円安になりましたが、これは金利の低下によるものだと言えるでしょう。最近になってドル高傾向になっているのは、FRBがテーパリングを開始したことで金利が上昇すると予想されるからです。
現在の動向は、短期的には円安ドル高が進むと考えられます。アメリカの景気が悪化すれば再び金融緩和が行われる可能性がありますから、その場合には円安になると考えられるのですが、今のところは可能性は低いと考えられます。利上げが行われたことによって、公社債への投資も魅力的なものとなるでしょう。

コメントは受け付けていません。